白物家電11月の国内出荷額 去年同月比1.4%増加

Read Time:13 Second

白物家電の先月の国内出荷額は、エアコンの出荷が伸びたことなどから、去年の同じ月より1.4%増加し、2か月ぶりのプラスとなりました。
日本電機工業会によりますと、エアコンや洗濯機など白物家電の先月の国内出荷額は2024億円で、去年の同じ月より1.4%増え、2か月ぶりのプラスとなりました。主な製品別では▽エアコンの出荷額が488億円で、去年の同じ月より19.1%の増加となりました。これは、夏場、振るわず動きが鈍かった在庫品の販売が進み、出荷のペースが正常化に向かったことが主な要因とみられます。このほか▽電気シェーバーや電動歯ブラシが、外出機会の増加に伴う需要やインバウンド消費が下支えして、去年の同じ月よりいずれも20%以上のプラスとなっています。一方で▽冷蔵庫は323億円で2.4%減少したほか▽洗濯機は322億円で4.4%減少しました。また、出荷数量で見ると多くの製品が去年の同じ月より減少していて、製品価格が上昇傾向にある中、白物家電の出荷は全体として伸び悩みが続いています。日本電機工業会は「ブラックフライデーに合わせた大規模なセールによる店頭などでの販売は堅調だったと聞いているが、その動きが出荷の拡大に波及するには至っていない。消費者が旅行などのサービス消費を重視する動きが広がる中で、白物家電の買い控え傾向も当面、続くとみられる」としています。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
Previous post 大谷翔平のウォールアート ドジャースの本拠地 ロサンゼルスに