国民民主党 新党結成表明の前原代表代行ら4人 除籍処分決定

Read Time:8 Second

国民民主党は、先月、離党届を提出し、新党の結成を表明した前原代表代行ら4人の議員について、党の結束を乱したなどとして除籍処分にすることを決めました。
国民民主党の前原代表代行ら4人の議員は先月、離党届を提出し、無所属の議員1人とともに、新党「教育無償化を実現する会」を結成することを表明しました。これを受けて国民民主党は13日の両院議員総会で、党の結束を乱したなどとして4人の離党届を受理せず、除籍処分にすることを全会一致で決めました。除籍となるのは、▽前原氏のほか▽元滋賀県知事の嘉田由紀子 参議院議員▽斎藤アレックス 衆議院議員それに▽鈴木敦 衆議院議員です。また、比例代表選出の斎藤氏と鈴木氏は党に議席を返すべきだとして、議員辞職を勧告することも決めました。これにより、国民民主党の所属議員は衆議院議員が7人、参議院議員が10人の合わせて17人となります。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
Previous post 障害がある人の作品展示会 絵画や書道など約130点 東京 豊島区
Next post 大谷翔平のウォールアート ドジャースの本拠地 ロサンゼルスに