欧米の相次ぐ金融懸念 鈴木金融相“強い警戒感で注視”

Read Time:8 Second

アメリカの銀行の相次ぐ経営破綻や、スイスの大手金融グループの経営悪化への懸念がもたらす影響について、鈴木金融担当大臣は、現状では日本の金融システムは安定しているとしたうえで、今後影響が広がらないか、強い警戒感を持って注視していく考えを示しました。
続きを読む
金融市場では、アメリカの銀行が相次いで経営破綻したことに加えて、スイスの大手金融グループ「クレディ・スイス」の経営悪化の懸念も出たことから、世界的に動揺が広がっています。これについて鈴木金融担当大臣は、17日の閣議のあとの記者会見で、「欧米の当局は、信用不安を拡大させないための措置を迅速に講じている。日本の金融機関は、充実した流動性や資本を有していて、金融システムは総体として安定している」と述べました。そのうえで、今後については「さまざまなリスクがありうることを念頭に置いて、日銀や各国の金融当局と連携しながら、金融システムの安定性に与える影響などについて強い警戒感を持って注視したい」と述べました。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
Next post ベトナム人元技能実習生に逆転無罪判決 死産児遺棄の罪 最高裁